三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、口コミやランキングサイトでも常に上位に位置している人気のある、大手消費者金融です。

 

中でもWEB契約は即日融資で借りたい時や書類の郵送がない事で知られています。
WEB契約には「カンタン入力」と「フル入力」があり、どちらかの申し込み方法を選ぶ必要があるので、その違いは何なのかを見てみましょう。

 

カンタン入力

カンタン入力からの申し込みみは、フォームへの入力項目が少ない、文字通り簡単な手続きができる申し込みみ方法です。必要最低限の項目の入力で済むので、Web上での入力自体は素早く進みます。

 

ただ、審査の際に必要となる情報は「カンタン入力」も通常の「フル入力」も違いはなく、Web上で入力をしていない項目に関しては、申し込みみ完了後にかかってくる担当者からの電話に伝えることになります。電話のやり取りで細かな部分を伝え、必要な情報が全て揃い次第、プロミス側で審査が始まります。

 

通常の「フル入力」であればWEB上での申し込みみ後に審査が行われ、入力内容に不備などがなければ審査結果の連絡や、本人確認などの電話がかかってくるだけになります。

 

カンタン入力で注意するポイント

電話で詳細な内容を伝えるカンタン入力は、かかってくる電話に出られないとか、対応ができなければ審査は行われません

 

「カンタン入力」は、入力時間だけ見れば早く終わるのは事実ですが、例えば仕事の休憩時間や隙間時間を利用して「カンタン入力」で進める方もいます。しかし、その後に電話がかかってくる頃には仕事が始まっている、または電話に出られない状況になっていると、結果的に時間がかかってしまうのです。

 

入力項目が少ない事はメリットのように感じますが、実際には通常のWeb上での申し込みみである「フル入力」に比べると電話という手間がかかります。電話での応対が問題ないなければ「カンタン入力」も良いのですが、無駄な時間なく申し込みみを進めたいと考えるなら、やはり「フル入力」が良いでしょう。

 

ただ、「フル入力」なら電話はまったくかかってこないという事ではありません。
申し込みみ内容や、審査結果次第で何らかの確認の電話が入る可能性もあります。

 

どちらにしても、電話の対応を早く終わらせることが重要で、早ければ早いほどお金が借りられるまでの時間は短縮できます。